サステイナブルエネルギー開発株式会社

事業内容Business

事業特徴

メタン発酵ガス化プラットフォームを活用し、地域循環形成をベースとしたビジネスモデルを全国各地に普及させ、地域経済の振興をはかっていきます。あわせて自律電源および熱源の確保(とくに非常時)などを経済的に持続可能な形で実現させていきます。

原料収集・資源化において、各地域で発生する食品廃棄物、農業廃棄物、生ゴミ、刈草、家畜排泄物等をメタン発酵原料として回収したうえで、品質の高い液肥を精製、高品質の液肥を用いて畜産用の飼料を生産、生産された飼料を使って肉牛生産・販売していきます。

事業特徴図

メタン発酵ガス化プラットフォーム

乾式メタン発酵法を核とするプラットフォームです。
プラットフォームの標準ラインナップは「前処理工程」「発酵工程」「後処理工程」「発電工程」からなる1系列で、その発電出力は地域で発生するバイオマス量に応じて設定します。

事業特徴図

競争優位のポイント

乾式メタン発酵法

建設費・維持管理費の低廉化

発生した固形有機性廃棄物を加水なしの状態で直接メタン発酵をおこなう技術です。
メタン発酵施設全体のコンパクト化と建設コストの低廉化が実現します。

水熱反応装置と超高温可溶化槽

受け入れ可能原料の多様化

水熱反応装置において投入バイオマスに含まれる有機物を分解しバイオマの形状を気にせず投入できます。
さらに、超高温可溶化槽では可溶化菌を用いてより小さく分解することで良質なメタン発酵原料を作ることができます。

高効率で安定した発酵

水熱反応装置および超高温可溶化槽をメタン発酵過程の前処理設備として活用することにより、メタン発酵時間の相当な短縮が可能になります。

消化液(発酵残さ)の有効利用

メタン発酵ガス化プラットフォームから生成されるメタン発酵消化液を液肥として利用できるような方策を構築し、消化液の農地還元を促進していきます。

TOPへ