サステイナブルエネルギー開発株式会社

事業内容Business

有機系廃棄物活用事業

畜産農場ごとにメタン発酵ガス化プラットフォームを設置します。畜産農家からふん尿を有価で受け入れます。

発電機は系統に接続しやすい都市部に設置し、発生したメタンガスを輸送して発電します。

メタン発酵槽から生成される良質な液肥を使用し、安価で安全な国産飼料を生産して、輸入飼料の調達コストに悩む畜産農家に適正価格で販売します。

また、都市部に設置した発電機から生じる排熱およびCO2を植物工場で有効活用し、都市部の消費者に良質な地産地消食材を安価で提供するモデルです。

畜産図

畜産ふん尿問題解決事業が地域経済に与える波及効果

畜産農家は畜産ふん尿の処理の手間とコストが削減されつつ、収入につながります。
メタン発酵プラットフォームから得られる有機液肥を用いた、品質と価格の双方で輸入飼料に負けない国産飼料を提供し、畜産農家の収益増につなげます。

飼料栽培用に賃借する農地の地代、自治体に支払う固定資産税などのほか、農村部および発電機および植物工場を設置する都市部の双方で雇用の機会がふえることや、都市部の植物工場からより安価な地産地消食材を地域の消費者に提供できるなどの効果も想定しています。

畜産図
TOPへ